風の森アルファ TYPE2

風の森アルファ TYPE2

3,300(税込)

数量

〇在庫あり


磨かれた本物の生酒のとろみ。透明感と触感は驚き。「この上なき華」とは秋津穂22%である。

・開栓直後
磨き抜かれた22%がまさかの触感を伴う。とろみと発泡感は唯一無二。

・1日後
ファーストインパクト後の余韻が膨らむ。透明感の奥に感じる辛さと甘さの融合を感じ分けて。

・2〜3日
クリアかつ幅広い味わい。奥のほうに美しい小さな花が咲いている。その存在感がアルファシリーズ高級クラスの個性。

・6〜7日後
極上の純米大吟醸酒。磨き抜かれながら厚さを伴う最上級酒がここに。

無濾過無加水生酒
精米歩合 22%
アルコール分 16度
原材料 米(国産)、米麹(国産米) ※奈良県産秋津穂100%使用
金剛葛城山系深層地下水 超硬水 硬度214mg/L前後 

<酒蔵からのコメント>
高精白にも耐えうる秋津穂の特性を生かし、22%まで精米し、7号系酵母と組み合わせる事で、この米の持つポテンシャルを余す事なく発揮させました。低精白とは一線を画す、複雑で華やかな香りの酒質となりました。同一酵母での精米歩合の違いが、味覚と香気成分に及ぼす影響を感じていただけたらと思います。どこまでも滑らかな質感から、この上なき華と名付けました。
 

他の商品を見る

秋津穂507 秋津穂657 山田錦807 露葉風507 露葉風807 雄町807 アルファType1 アルファType2

この商品についてのレビュー

レビューを書く


  • 日本酒の質感とはさん

    酒の質感について初めて考えた。とろみ、と表現するのが一般的だが、飲み干すまでの味の持続性に影響する。 このTYPE2は22%精米のスーパー純米大吟醸だが、やはり他と違う、他より一線を超えたレベルの日本酒。 風の森ファンは知るべき。

    2021/01/23 14:49


  • 風の森アルファ TYPE2
  • 風の森アルファ TYPE2